So-net無料ブログ作成

イザベルさんからのアドバイス [旅準備]

NANAとNOBUさんから、「旅にこれは持ってきた方がいいですよというようなものがあればアドバイスをお願いします」とのご依頼がありましたので、イザベルさんに伺いました。

便利なのは携帯湯沸かし器+マイコップ
メルキュールはポットが付いていますが全てのホテルには付いていません。
湯沸かし器があれば何かと便利で参加者全員にお薦めです。
ヨドバシや空港で買えます。
それに付随してカップラーメンやドンベーその他の食品持参もお薦め。
旅が続くと体も疲れてきます。
夕食が自由という日に、今日はもう外食したくない、と思う日もあると思います。
そういう時に便利です。
もちろんスーパーなどで食品を買うこともできますが。

カメラや電話の充電器をお忘れなく。
忘れてくる人がいます。写真が撮れなくなるので要注意。
チップも数枚お持ちください。
その時にコンセントの先につけるフランス用コンセントをお忘れなく。
お持ちでない方はフランス用は C をお求めください。

今のところ思い出すのは以上です。
DSCF2179.JPG

サン・ネクテール [イザベルさんの旅案内]

DSC05191のコピー.jpg

6/3から6/6日にかけてサンネクテールの教会の周りと旧市街にて「サンネクテール祭り」が行われます。
食品物産市(オーヴェルニュの名物物産)、花市、のみの市がでて、各種行事などが行われます。
スタンドも出てデギュスタシオンもできます(物産?ワイン?)
DSC05114のコピー.jpg

丁度私たちがサンネクテールに着く日ですのでおおいに楽しみましょう。
チーズやサラミなどのお土産も買えるかも。

ひとつ心配なのは教会のある上までバスで登れるか?ということです。
St-NectaireDSC08806のコピー.jpg


「しおり」について ケコ [旅準備]

イザベルさんと行くロマネスクツアーの呼びかけ人、ケコです。

私はあくまでも、日本国内での呼びかけ人。イザベルさんに「今度はこちら方面のロマネスクを見たいわ」と勝手なお願いをすると、ちゃんと素晴らしいツアーが出来上がり、他の出来合いのツアーにはない(・・筈。他のツアーを知らないのでわかりませんが)素敵な旅を続けてきました。
せめて、イザベルさんが書いてくださっている訪問先の解説だけでも、皆様のお手元にあればお役に立つのではと、毎回「旅のしおり」作りは、私の仕事と決めて、これも勝手に作っております。
「しおり」のルーツは、学生時代のワンゲルでいつも旅準備で作っていたことからだということに最近気が付きました。
初めの頃は、コピー屋さんに出向いて、ごそごそやっておりましたが、今は夫が自営業を始めたお蔭でmyコピー・印刷機が手元にあり、随分と作業が楽になりました。
サンチャゴ巡礼路の教会を訪ねる旅の時には、フランス人の道の古地図を表紙に、五島列島の旅の時は教会を、シチリア島や北イタリアもそれぞれの古地図を表紙にしました。
DSC02932.jpg

今回は、カンタルの田舎のブラジャックの写真を見つけましたのでそれを使わせてもらっています。
どうぞ、旅のおともに「しおり」をご活用ください。



旅案内:オーヴェルニュ地方のイッド(Ydes) [イザベルさんの旅案内]




オーヴェルニュには4県あり中でもカンタル県が一番秘境に来たという印象を受けるところです。
町や村も標高800mから1000mのところにあるところが多く景色も素晴らしく私たちが行った頃はまだ雪山が残っていてそこに春を告げるいろんなお花が咲いていました。
DSC04685のコピー.jpg


フランスにはロマネスク教会を紹介する専門書ZODIAQUEという本がありその本にも写真入りで紹介されているイッドの教会があり、ぜひ見てみたい教会として下見の時の目的地にしました。
ところがイッドの町に行ってもそのような教会は見当たりません。
夫がガソリンを入れている間にもう一度ZODIAQUEを調べてみましたらYDES BOURGという村がありそこに教会があると書いてあります。
その村は山越えしたところにあり家が10軒もないくらいの小さい村でしたが苦労して見つけただけの甲斐があるそういう立派な教会でした。
DSC04742のコピー.jpg

残念ながら閉まっていて内部見学は叶いませんでしたが外側だけでも中々面白いものでした。
正面にある受胎告知の彫刻、そして数多くの軒持ち送り。
DSC04714のコピー.jpg

そして民家が教会や周りの風景とマッチして素敵でした。

イザベル
DSC04721のコピー.jpg

自己紹介 ノブ&テレーズさん [自己紹介]

テレーズ
3年ぶりの参加です。ニックネーム何だったっけ?サンジョルジュ?ややこしいからテンテンに変えようかと主人と相談していたところ、名簿を見ると、何と!のぶ&テレーズでした!久しぶりのフランス!皆さまと再会できるのも楽しみです。ブログはくまなく読ませていただいています。イザベルさんの写真、おもしろいですねー。わくわくしています。
オーヴェルニュの風景Photo Keiko (220).JPG


イザベルさんの旅案内 トゥレ [イザベルさんの旅案内]

最後のころに行くトウレ(THURET)の教会はオーヴェルニュの首都クレルモンフェランからそんなに遠くないところにあります。
DSC05250のコピー.jpg

この教会はタンパン彫刻や柱頭彫刻が非常におもしろく、しかも彩色されていて興味深いものです。
その彫刻は素朴でデザイン性があってきっと皆様も楽しめると思います。
IMG_8337のコピー.jpg

(Photo Issabell :1、タンパン彫刻、マンダーラに囲まれたキリストと天使  2、アダムとエヴァ)

イザベルさんの旅案内 メイマック [イザベルさんの旅案内]

今回の下見は実りの多いものでした。
秘境とも思われるようなところに沢山のロマネスク教会があり、また12世紀のマリア像も沢山見ました。
その中に非常に珍しい黒マリアがありましたのご紹介したいと思います。
オーヴェルニュとの国境近いリムーザン地方にMEIMAC(メイマック)という小さな町があります。
DSC04598のコピー.jpg
そこで発見した黒マリアです。
今までみたこともないような黒マリアで非常に珍しいです。
DSC04642のコピー.jpg

皆さまどう思われますか?

(写真・メイマックの町と黒マリア)



イザベル

自己紹介  ローレンス&アグネスさん [自己紹介]

St-Benoit sur LoireDSCF2206.JPG

ローレンス&アグネス(クリスチャンネーム)です。
イギリス国教会の流れをくむ日本聖公会(アングリカン エキスコパル チャーチ)に所属しています。
ローレンス&アグネスは何年前だったか・・・南仏プロバンス・オランジュの旅に長女と一緒に初参加。
その旅の楽しさと美味しさに味をしめて、アグネスは南西フランスへの旅や聖ヤコブ教会への巡礼の旅に参加。
この度ローレンスは大学を退官し、ちょっとだけ時間が出来ましたので、二人そろっての久しぶりの参加です。
とても楽しみです。懐かしい方々にもお目にかかれるかも。
皆様と同じ時間にリヨンに着く予定の飛行機で成田から出発します。
リヨンでお目にかかりましょう!
St-Benoit sur LoireDSCF2205.JPG

(Photo by Isabelle:St-Benoit sur Loire)